【映画観賞】500日のサマーを観ました!

今日はずっと観たかった、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの
【500日のサマー~サマーに恋した、最低で最高の500日~】をレンタル!

ストーリーは、一人の男性が小悪魔女子に夢中になった末に
失恋してしまうという、悲しい恋のお話なのですが、
恋愛映画というよりは、一人の男性が人生の岐路に立ち
そこから何を見つけて、
どう前進していくかを
描き出した500日間の人生の物語ではないかと思います。

なんだか、とっても腑に落ちない感じはあるんですが、、、
まあ、なんというかこんなものかなーと。


ジョセフ・ゴードン=レビットは、華はありませんが
独特の牧歌的な雰囲気があって、それがこの作品で
とても魅力的に映し出されていたのでそこに注目して観てください!
彼は「インセプション」でのレオナルド・ディカプリオとの共演も注目された逸材。

20代にして、20年以上のキャリアがある実力派です。

小悪魔ヒロインのズーイー・ディシャネルは、「イエスマン」などハリウッド大作への
出演など、注目の女優で、
ミュージックシーンでは「She&Him」にてユニットを組んでおり
幅広い活躍から目が離せません!

監督を務めた、マーク・ウェブは映像監督でPVの制作が主でしたが
本作が長編映画デビュー作となりました。

秋に夜長に、恋のお話でもいかがでしょうか?
おすすめです!!

This entry was posted on 2014/12/07 and is filed under nocategory. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.